So-net無料ブログ作成
検索選択

鈴木杏樹の夫急死、手術目前に容体悪化 [おくやみ]

スポンサーリンク




女優、鈴木杏樹(43)の夫で外科医師のAさんが1日、内臓疾患のため米国の病院で亡くなったことが2日、分かった。57歳だった
(サンケイスポーツ)

関係者によると、Aさんは数年前から内臓疾患を抱えていたが、大学病院の外科部長として精力的に診察、手術をこなしていたという。多くの患者に頼りにされる名医として多忙だったが、1日も早い現場復帰を目指し、治療のために渡米。だが、手術を目前に容体が急変し、入院先の異国で帰らぬ人となった。



杏樹側に愛する夫の訃報が入ったのは、金曜日のメーンパーソナリティーを務める1日の日本テレビ系「ZIP!」の生放送中。本番中で本人に伝えられたかは不明だが、もし事実を把握していたとすれば、結婚して14年の伴侶を失った悲しみを胸に秘め、番組終了まで気丈に司会を務め上げたことになる。そして、翌2日の飛行機で夫が待つ米国へ駆けつけ、無念の対面を果たした。

 杏樹の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「亡くなったことは事実です」と認め、葬儀・告別式について「詳細は後日、改めて発表します」とコメントした。

 1998年6月に結婚した杏樹とAさんは、交際4カ月のスピード婚が話題となった。

 2人の出会いは患者と医師で、杏樹が同年1月に腸閉そくで都内の大学病院に緊急入院。当時、医師団の1人としてAさんが手術を担当した。

七転八倒の痛みを救ってくれた14歳年上の“救世主”と退院後、メールでやりとりするうち、杏樹に恋心が芽生え、ゴールインとなった。結婚会見では「先生」と呼んでいることをうれしそうに明かし、夫婦で一緒に料理を作るなど仲むつまじい様子だった。




スポンサーリンク



タグ:鈴木杏樹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。